2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

全く???な国、日本。

この頃全くおかしい…と思う事ばかり…。
まず、
・子供に対する放射能基準を勝手に引き上げ、未来のある子供たちを危険に晒し続けている事。
これに関しては国の法律を犯しているので、今訴訟準備中だそうです。

・政府が放射能基準値を簡単に引き上げ。
原発作業員・国民に関する基準値を大幅に引き上げた。今までの基準は何なの?
ちなみに、チェルノブイリ事故では(旧ソ連)では、
公衆被曝の1mSv/年を超えると「移住権利」が発生。(個人で避難を考えられる)
5mSv/年を超える場合、「移住義務」が発生。(避難しなくてはならない)
この基準で旧ソ連は対応していました。
で、白血病・ガン・遺伝障害・奇形児・脳の縮小が多発した。そしていまだに続いている。
遺伝も。
今の福島の避難基準を知っていますか?
なんと20mSv/年ですよ!4倍!!!!!!!!
日本のマスコミはこんな事全く触れないし。
旧ソ連では0.5mSv/年を超える場合「放射線管理強化」となって、国が管理。
そうなると福島全域のみならず、茨城北部なども管理地区になる。
この地域に何人の妊婦が?子供が?

そして保証に税金を投入と…。
張本人の東電は電気料金を値上げ、社員にはボーナスなんて噂も…。
国民は税金と電気料金と2重に支払い株主や社員を助ける…。
どうなってるの?????この国は。
企業の責任は??????

国民は家畜以下としか思ってないのでしょう、政治家・官僚達は。
国民を危険に晒らし、じわじわと放射能で分からない様に殺し、
税金を今まで以上に搾取し、情報を断ち切る。
ウルサイ奴らを黙らせるために、報道・表現の自由なんて無くす方向に動いているし。
全く思い通りにコントロールされてる…。上手いね。

犬も猫も草も木も、イルカもクジラもイソギンチャクも、全ての命を侵す放射能。
人間の威厳をも壊す放射能。
人として生きる事さえ出来なくした東電・今の政府は国民が黙っていないでしょう。


我が家の風評被害…。そうです、僕です。

「ちゃんとマスクしたか?」
「雨に濡れるなよ!」(迎えに行くぞ!)
「卵はどこ産?」
「手洗い・顔洗い・うがいしろ!」
「人や政府・テレビ(マスコミ)は信じるな!、自分の
目で確認し、信じられる情報を見る!」

と、ここの所ずっと言い続けている私。

元々神経質で、気にしたがりの私。

でも、

「あん時、親父ウルサかったよな!今健康に何ともないじゃん!」

って言ってもらった方が、僕はいい。

言わずに、
(「政府の言う事を鵜呑みにして」も同義語・水銀公害で
苦しんでいる人達を尻目に、某大学の大先生は『胎児には水銀は蓄積しない!』
と言い張り、悲しい悲劇を広げた…のを知っていますよね。それと同じ事が
行われている現在。大本営発表)

病院で不治の病で苦しむ、または慢性の病気でいつも苦しんでいる
子供たち…。

そんなの絶対に嫌だ。

なるかもしれないし、ならないかもしれない。

なる可能性が高いなら、

僕は言い続ける。

それが親の勤めでしょ。

最低僕らが過ごした青春時代とかを経験させてあげたいよね…。

それさえ出来ないような見通しが叫ばれてる今って…。
なんて「今」なんだろう。

単純に考えてもオカシイ事だらけ…。

考えてみて下さい。

こんな事をしでかした張本人が、のうのうと今も娑婆に居る。
何人もあやめた本人がだ。
単純にした事を考えれば即「逮捕」で拘束され隔離。
まあ、今の検察機能がちゃんと働いてるとは思えないけどね。
大企業で年収7億もあれば、誰も恐れて近づかないってか。
政治家はシッポ振ってついて来るってか。

そんなんだから大企業や政治家は信用ならん。
テレビのメディアも、
大手代理店も同じ。

「奴らの言ってる事を信じない事」が普通の感覚。

そう!信じる・信じないは個人の自由。

あっ、この頃中国や北朝鮮と同じく「言論の自由」なんて無くなった
んだっけ…。

ああ、全く。
信じられる物が無い事に危機感がなさ過ぎる。

「右向け右!」で皆右向いて。
「(適当に)ココから左の奴らこの世から消えろ!」で消える。
国の奴らは、そうしたいって意思を汲み取らなきゃ。

「信じるやつは、救われる」…

誰に…?

自分…?

こんないい天気の、日々日常について…。

今日はいい天気!
外で胸いっぱい深呼吸して、いろんな匂い(今だと桜や新芽の香り)
を楽しみたいのだが、それも出来ない日々が続いていますね。

西からの春一番等の西風で、中国からいろんな有害物質が
飛んで来て健康を脅かす…なんて事を言ってた日本が、何万年も続く
目に見えない(責任の無い)猛毒を「今も」まき散らし続けている
事になっている今。

続いている…今も出し続けている…止まらない…止める事が出来ない…
続いている…続いている…続いている…終わっていない
続いている…続いている…
そう!こんな日々嫌だね。

忘れちゃえばいい?

どうなんだろう?って考えてしまう…。

前の小学校では桜が満開の校庭で楽しそうに小学生達が遊び、
家の前で隣の子供たちが大きな声で楽しく遊び…。

どうなんだろう?…。

今も続いている、
目に見えない猛毒が、濃度が薄くても猛毒が子供たちの肺や皮膚から
入り5年とか10年の単位で蝕んで行く。

僕ら家族も、
原発からほどほどの所だし(でも今のままの放射線量だと半年間で
年許容量を超してしまう…/少ないにこした事はない)
次男は今月専門学校に入学したばかりだし、
生活の拠点(仕事等)もココにあるわけだし、
だし、ばっかりでココにいるのですが…。

ただ、コワいからと言って今の生活を無くしてまで避難?
また、後ろ向きではなく夢に向かって進む息子を応援する理由があります。
19歳と、2歳とかでは放射線の感受性も違うし…。

でも、事故前と全く同じ生活をしている、放射能の影響を最も受ける
子供たちまで、未来の有るまだ小さい子供たちまで以前と同じ生活を
させている…。

どうなんだろう?…。

こんなページ見つけてしまった。
karinnkarinのブログ
「厚生労働省、食品の暫定規制値で、「後になって影響がでるかも」

これで、暫定基準値の根拠がまったく無くなってしまった。
今もニュースで「暫定基準値を下回ったから安心して」と言ってる…。
アホなのかグルなのか、判断がつかないが、
まあ、そういう事。
よく信じろって言えるね。

国ってなんだろ?こんな奴らを僕らが苦労して養ってるんだよね。
こういう奴らに限って自分達は絶対に食べたりしないんだよね。
風評被害?
でなく、国民は思ってる程バカじゃないってこと知らないのかね。

どうなんだろう?…。

こんなのもどうぞ。


Russia_2

ロシアの平均寿命のグラフ(1950年から2008年まで)
このグラフ、ある部分でぐっと落ち込んでる。
チェルノブイリ事故があってから8年後…!
男だと64.8歳が、57.6歳に急に落ち込む。それもたった4年間で…。
こんな事、普通じゃあり得ない…戦争?あったっけ?
原因は…。

「ソ連邦崩壊が原因でこうなった…」という説明ばかり目に付くが、
ソ連邦崩壊(1991年)は、チェルノブイリ事故(1986年)がきっかけで
起こった(事故から5年後)という事にも合点が行く。
何百万人死んだ?

どうなんだろう?…。

このグラフと同じ事が日本で起きれば、国として成り立たない…。
中国・韓国の一部に編入で「日本州」成立!

どうなんだろう?…。

誰の責任?
原子炉なんて使っていいって、言った覚えないけど。
聞かれた事無いし。
原子炉の電気すごく安いの知ってます?
火力とか他の電気と区別つかないでしょ。
「今使ってる電気はちょっと黄ばんでるから原子力!」とか無いよね。
「利益を追求するのが企業」だから、コスト押さえて高く売るのが商売。
「今はコストがかかるから」って何回も値上げしてるよね。
うまい商売。
文句有る???

なら誰が責任取るの?

会社は分割して潰しちゃえば、誰も責任取らなくてもいいし。
ウソを「テレビ」で流しておけば心配ないし。
東電の社長、年収はウン億円。
日本に居る必要無いし、
腹の中何考えてるか分からないから
頭下げてりゃいいし。

子供たちが苦しい顔をして「お母さん、痛いよ助けて…」って言ってるのを
僕は見たくない…。

誰がこの苦しみを与えたの…?

さあ、考える時間。

大震災。

2010年6月17日以来かなり間があいてしまいました…。

その間、湘南にフリーペーパーの編集と営業のお手伝いに行ったりと、
充実はしていましたが…、

来てしまいました…大震災。

3.11の大震災を栃木県で被災?しました。被災と言っても、食器棚の食器が飛び出し床に落ちて割れ、
家具がほとんど動いてしまった程度ですが、片付けに丸々1日かかってしまいました。
その後原発事故が酷い事にならないうちの12日に千葉県の南房総に2週間程疎開して、21日に栃木に戻りました。

元々反原発だったけれども、こんな事になろうとは…という思いで一杯です。

目に見えない・自然界には存在しない(微量はあるが…)「猛毒」を、
暴走したら誰にも止められない、近寄る事も出来ない「猛毒」を、
決して地球上から無くならなず(万年単位)「猛毒」をまき散らす可能性があり、
まき散らされてしまったら、見えないから除く事も出来ず、
食物連鎖で嫌でも体に入ってしまい、それは体から出す事も出来ない「猛毒」で、
「急性」ではなく、じわじわと蝕んで行く「慢性」毒性の、
じわじわと蝕む事で誰の責任か、所在が分からなくなってしまい、
妊婦は死産が多くなり、生後わずかな赤ちゃんは障害を残す可能性がある、

そんな原発を「作っても良い」と自分は全く思えないからだ。

被爆後(知らないうちに浴びている…)年単位の時間をかけ体を蝕むのは、スリーマイルやチェルノブイリ事故が証明している事。

「ただちに健康に問題は無い」とマスコミが連呼しているが、そんな事は分かっている。

問題は5年〜10年、20年と時間が経った時どうなるかを問題としている。
被爆は「積算」だという事も解説しないね。どんどん時間と共に積もって行くのに。

小学生低学年の子供さんが居る親であれば、もしかしたら中学生になる前に、
白血病で死んでしまうかもしれない。
それも苦しんで。
もしくはガンで、何年も痛くて苦しんで(治療をしても)死んでしまう。
ちっちゃい体だけど夢もあって、キラキラした未来を感じていたかもしれないのに…。

「おいしい!おいしい!」と子供が喜んで食べているその食事に、
健康に良いからと、子供たちがごくごく飲んでいる牛乳に
目に見えず、味も無く、香りもしない猛毒が入っているのを
黙って見ているしか出来なくなるのを、
どう思いますか?


誰の責任?

国が、子供の未来の責任を取ってくれる?
否、
誰も個人の未来の責任など取る事は出来ない、絶対に!

だから原子力なんて嫌なんです…。

嫌じゃ無い親なんて、居るんでしょうか?

こんな可能性が全く”0”(ゼロ)ではないのです。

「ゼロだ、事故など起こらない」なんて言ってたな、マスコミも揃って…。

ゼロかもしれないけど、起こったらどうする?という危機感やリスクマネジメントなんて
皆無なんだろうな。

起きちゃった「あ〜あ」としか思わないんだろうね。

どうして、自分の身に起こった事だとイメージ(想像)出来ないんだろう?
他人事?そんな事分かっている。
それを、どれだけ自分に起こった事だと考え、行動出来ないんだろう?

実際に、今でも困っている人達が居る。
寒くて、お腹が空いても子供たちに食べさせている親達が居る。
そこにはちゃんと「愛」が有る。
それさえ壊す「何か」がある。
それは何だろう?と考える必要があり、考える時が今。

自分なりに考え、起こした行動がこれ。

「頑張れ東北!ひろがれ、ありがとう」(期間限定災害ポスターサイト)

です。

グラフィックの価値が発揮出来るでしょうか?

でも、これは賛同頂いた方が居ないと出来ない支援なんです…。

様々な方々に拡散願って、やっと繋がりが少しづつ出来て来ました。
これを見ている方がいらっしゃれば、拡散して頂けると幸いです。

被災地の役場や市役所の方々、いちいち作る必要が無いので時間短縮になり他の作業が出来ますよ!
もちろん無料です。
それから「こんなポスターが欲しい」とかあればリクエスト下さい!
なるべく早く反映させます!
こんなコトバが張ってあると元気になる!という言葉があればメール下さい!
よろしくお願いします!

ふう、少々疲れぎみな初代相伝屋でした。

あ、二代目、三代目も元気ですよ!


↓これは4代目…?

Img_5843


« 2010年6月 | トップページ | 2011年5月 »