2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

「のこりぶみ」のパスワード化…について


ご無沙汰しています、初代です。

私共の運営している「のこりぶみ」ですが、

国外のスパムが多く運営に支障が出る前に、

パスワード制と致しました。

どのようなこころの文章を残して居るか等の例文も閲覧出来ませんので、

残された人にこころ、気持ちを残し、伝えたい…とお思いの方は、

このブログのコメント欄に、

その旨お伝え下さい。

直接メールにて「パスワード」をご連絡致します。

大変お手数お掛けしますが、

よろしくお願い致します。

2012年6月8日 初代相伝屋

考えてみた………避難移住について

避難移住について考えて見た。

残された時間はあまり無いと思う。(地震のサイクルから)

避難については個人的なバイアスが多分にかかっているので、
単純に「損得」や「楽さ」で考えてみた。

状況は…

4号機が倒壊し、約160km離れた住居まで致死量の放射能ブルーム(塊)
が到着すると仮定。
爆発を伴わない為ブスブスと燃え高空には上らないで野焼きの煙のような状況で
高濃度の放射性物質の蒸気そのものが到達と考える。

風向きにより2時間ほどで到着。

そして、暴走してしまったら今の人類にこれを止める手立てはない。未知の事象。

国は緊急時の準備などしているはずも無く、だらだらとメルトダウンを待つしかない…。

※4号炉について
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1198.html
共用プール

を参照。

●事故後避難した場合 -------------------------------

・地震による振動により、水・電気のライフラインが切れ、長期間復帰はしない。
→備蓄品のみで生活、切れても補給は来ないし、来ても激しく汚染された水。
 市町村の備蓄はそれほど無い。

・店などに商品は無くなる。

・地震によりガラス等が壊れ、気密性が保てないため空気により簡単に被爆
→避難所も同様。

・避難民が殺到し、道路は渋滞、高速道路は封鎖。そのうちにブルームが到着
 してしまう可能性が。
→その後も避難民のため渋滞は何ヶ月も続く。

・避難所に避難しても物資は来ない。放射能が過ぎたら死を待つのみ。遮ることは
 出来ない。

・避難所からバスで避難
→広域で避難するのでバスの手配など皆無。福島では30km避難に1週間かかると言われた。
 結果集団での避難はしなかった。
 今回は規模が桁違いに大きいため、いつ避難出来るかは不明。被爆後・被爆中避難。

・難を逃れても、住居・車・土地の価値はゼロ。思いでの品等も汚染されて持ち出し不可。
 また衣服/家具/家財/バイク/車/PC/テレビなど全ての物の価値がゼロ。使えない。
 (放射化による)

・地震だけなら世界中から救援隊が来るが、放射能汚染では救助隊は来ない。
 救助されても汚染民は隔離、普通の生活は戻らない。

・子供が遠距離に居る場合、家族揃って受け入れ先のない難民になる。福島では何度も
 転居させられている。

・学校などは大規模災害発生で全て閉校。生徒には緊急措置が施される。(転校等)

・会社/就職先も閉鎖。(住めないので)

・軽く済んだとしても、放射能汚染が酷く住む事は出来ない。(水・食品含め)

・人口の格差が生まれるため、経済活動が不安定になり就職先など?

・国の支援など皆無。

・被爆差別される。

・りょうまは置いてこないと避難所に行けない。(猫も生きられない)


●早期に避難した場合 --------------------------------

・渋滞などが無く移動がスムーズ。

・家財を運び出す運送会社がある。

・家財の価値が残って居て、移転先でも使える。(車・バイク等)

・移転先では地震の揺れが少ないので、今の生活が保てる。(日本海側、西方面)

・家族の戻る/普通に生活出来る「家」がある。

・遠隔地のため、災害後の移転もスムーズ。

・就職先が今ならまだある。

どうだろう…?

どちらを選ぶ?

どちらが得?楽?


もちろん事故が起きなければ、苦労せず今の生活が続けられるが

放射能の中、生きる事となる。

今住んでいる場所もチェルノブイリに例えると「強制避難区域」。

チェルノブイリでは260万人が放射能で死んでいる。

私たちは今、そんな中で生活しています…。


起きるか、起きないかは誰にも分からない。

でも、起きたら上記のように何もかも無くなってしまう…

被爆による苦痛の中、命まで…


もちろん転居先での就職先等大変な事は沢山ある。
今ある人間関係も無くなってしまう。


どうだろう…。


この文章は何???「放射能は無くなれば死んでしまう」???大本営発表!!!


こんにちは、初代です。

久しぶりのブログ更新です!

ワタクシ、こんなサイトを運営させて頂いています。

「頑張ろう東日本、震災限定ポスターダウンロードサイト」です。

先日、新しいカテゴリ「原発・放射能関連」を追加させて頂きました。

どうぞ、危険な場所等に貼り、危険だということを共有しましょう。


と、

ここまではいいのですが、本日なんだか訳分からない書類を入手しました。

上記のサイトを運営しているご縁で、仮設住宅を建設に行っていたとある
建設会社の社長様から頂いた書類です。


これです。

書類はPDFだったのですが、JPGに変換しました。

Chisiki


????????????

合ってます????

コレ?????

僕の知識では無いんですけど…??????


「無くなればしんでしまう」って…??????????????


プロパガンダにしては、酷すぎる…???

いろんな意味で言葉が出ない…。

日本という国は、こんな国だったんですね。


それもそうだけど、

仮設住宅を建てに行っていた人たちの健康が心配です…。

こんな書類を渡されて信じて作業をしていたなんて…。


戦時中の大本営発表と同じ!!!!!!


震災支援ポスターサイト更新です!


ご無沙汰しています、初代です。


のっけからキレてます…。

あまりに酷い政策、

後手後手の医療、

この国は何処に行くのだろうと考えてしまう現在。

放射能は海に空に毎日毎日大量に吐き出され、

止めようともしない…。

もう7ヶ月にもなるんですよ!!!


信じられますか?


これが、

「大丈夫、安全!」と騙し続けた結果。


「みんなウソだんたんだねぇ〜」


「健康には被害がないレベルです、安心してください!」


これも全くの「ウソ」。


こんな世界が、人が、国があるなんて、信じられなかったけど

現実。


様々な部分が見えちゃったね…!


もう騙されないで、自分で考え行動しましょう!


ということで、以前から開設している「震災応援ポスターサイト」に

放射能関連のカテゴリを追加しましたので、

ごらんください。

もちろんダウンロードは無料です、どんどん使ってください。

また、デモ等で使いたい文言等あれば作成致します。


ご利用ください。m(_ _)m

見ない人たち。

今の社会、

物事をちゃんと見ない?見ないようにしている人が多すぎる。

「見ない・聞かない理性」を持ち、普段の生活をする楽さ。

…それは自堕落で怠惰な「人非人」。人にあって人に非ず。

子を殺し/親を殺し/隣人を殺し/自然を殺し/社会を殺す。

それは誰?

両の手のひらを見てください。


そのカラクリを作ったのは「東電」 人と人の「絆」を断ち切る放射能。

絆を切るために放たれた「狂犬」。


今も続く膨大な放射能の放出。

今も続く心・絆の破壊。

放出が続く限り、まざまざと続く心の破壊。


黙って・「見ない」仲間を作り、それ以外を除外。

それも「友情」や「愛情」の「情」を利用して。

やはり「人非人」

人にあって人に非ず。

両の手のひらを見てください。

何が見えますか?

ご無沙汰しました、お盆です。


ご無沙汰しましたm(_ _)m初代です…。

お盆ですね!

僕ら一家も帰省致しました。

迎え火に間に合う様に時間を計算して出発したんですが、

混雑が酷かったり、ナビがあるのに道を間違えたり…

で、ギリギリ間に合いました…。

…焼米(やんごめ)を迎え火に入れながら「焼米食い食い…」

…ミソハギに浸した水を迎え火にかけながら「水飲み飲み…」

「お出で下さい…」

と先祖を想いながら、家族全員でします。

いつも思うのですが、

良い風習ですね!

想いが…風習となって…代々次がれて行く…。

愛が繋がって行く…安らぎが、がそこにはあります…。

日本人は自然に感謝し、人に感謝し、そこで生まれた事を皆で愛し

行事として残して来た…。

ココロがあります!

これも残して欲しい行事!

Ca340209

夕方になると、どこからともなく盆踊りの歌声…。

外に出ると、薄暗くなった鎮守の森の中からぼーっと光が浮いて見えます。

小さい小さい神社なんですが、地元の方々が愛しているのでしょう…
毎年盆踊りが開催されます。

昔は今より子供が多かったから、会場でのイベント
(歌合戦や町内対抗の仮装大会、コーラ早飲み大会など)
があったり、盆踊りも揃いの浴衣で踊ったり、
場所は小さいけれどすごく充実した盆踊りでした…。

今はイベントも無くなり好きな方や、帰省された方々が踊る程度に
なってしまいましたが、
無くなって欲しくない風物ですね。

ではでは。

静かな告知。


…。

静かな告知が言い渡されました。

義理の母(だった)方が施設に入られたのが2年前の春。
義理の父は数十年前に発症した脳梗塞の後遺症がもとで、軽い痴呆の状況。

ご夫婦でマンション暮らしだったが、
あるときから部屋の様子が…。

掃除が出来ていなく、変なニオイも…。
同じ言葉を繰り返し、
介護士を怒鳴る…。

そんな時、近くのスーパーで転び骨盤骨折し入院。
そしてカゼを引き転院してから、状況は一変。

それまでは目を普通に開き、会話も普通にしていたのに。

手足は硬直して固まり、目は閉じ話さず。
病院に入り、この様。病院じゃないね。

その状態で、兄の知り合いの先生の居る施設へ転院。

その後、安定していたが。

今回の施設でのミーティングでもたされた。

「アルツハイマー型の痴呆が進んでいて、持っても2〜3ヶ月でしょう」

なんだろう、この普通さ。
日々の生活の中で忙殺されてゆく普通さ。
「普通」で「静か」。




…。

一緒に生活出来たら…?


”家族での生活”という事を考えてしまう。
核家族でなく、日々の生業に忙殺されていても、義理の母の死は
もっと身近に感じていただろう。

彼女が生きて来た歴史を、彼女をルーツとした私たちの子供が、
彼女とどう関わって来たか…を感じる事が出来ただろう。

それは、人間・生物として、とても「豊か」な事だと思う。

人は人と繋がって…

苦しんだり…

楽しんだり…

乗り越えたり…

笑ったり…

泣いたり…

それを家族皆で感じ、愛し、守り、最後にきちんと見送る…。

そんな家族の中で育った子供は、心暖かく、愛に溢れ、豊かな強い心を持つ
んだろうと思う。

それが出来なかった僕の家族の人生は「豊か」ではないでしょう。
彼女の孫たちも、一番大切な命の教育をさせてもらえなかった?

でも、少し安心しています。

彼女は「のこりぶみ」を残しています。
どんな想いが、孫たちに伝わるのでしょうか?

Img_0447


住民不在の国、ニッポン。

こんにちは。
毎日お暑い日が続く今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?
って、○っこかい!
そういえば、○っこさんブログ辞めちゃったのかな?


先日、こんなものを見つけました…。
シェリー・アーンスタイン女史の提言した「住民参加のはしご」。
「アーンスタイン」で検索しても沢山ヒットしますので、詳しくはご覧あれ。
        

おまかせ民主主義からの脱却として、市民と社会がどう繋がるか?の
指針がここにあります。

これを見ると、ニポン(○っこさん、すいません)はどんな国?と
思ってしまいます。

まさに「第三国」ですね。

これじゃ国連の常任理事国なんてなれる訳が無い…。
国連信じてる訳じゃないけど。

さて、「住民参加のはしご」。

以下の図を参照あれ。


Tarap_2


下から住民参加の度合いが高まるのだが、下から

・世論操作

・不満をそらす操作

・一方的な情報提供

・形式的な意見聴取

・形式的な参加機会拡大

って、
今この国を自分の国だと思い込んでいる、またはそう思い込んでる公僕(死語?)の、
一部の方々の行動そのもの!!!!!

または、マスに溺れている(っていうか手先)”マスゴミ”と言われている方々の
ロジックそのもの!

結果「実質的な民意無視」に「形式だけの参加」だって!

まさにピッタリで面白いくらい!

全く操作する方もだけど、操作に乗ってるのもなんだね。

これを見ると、住民なんか茅の外だってことが明白。

良いものさしですね。

あ〜あって感じです。

全く。

知らない方には教えてあげましょ。

この民度の低い日本の実情を。


ではでは。


医食同源/地産地消は「死語」に…。

「(今までと同じ)健康を保ち・求めるなら、地元の食材は食べない」…。

こんな事になってもうすぐ4ヶ月経ちますね。

ここ栃木県南部は表立った汚染の発表は無いが(調べているのかどうかも不明/情報無し)、
スーパーに行けば汚染前と全く同じ地元産・近県産の野菜が並び、
小さな子供と手をつないだお母さんが、見た目の奇麗さを基準に
購入して行く。

普通の、幸せな風景。

一か八か、当たるか当たらないかの「クジ」を無理矢理引かせている…。
その食材が汚染されているか居ないかの判断が、一般人には出来ないから。

当たらなければ「普通」、
当たると「原因不明の死に至る病気」。

食品の安全を守るハズの厚生労働省が機能していない。(期待なんて
20年も前に捨てた)
ユッケ事件を大騒ぎしている場合じゃないだろ。

以下に世界の基準値と比べてみる。


飲料
・アメリカ法令基準 0.111Bq/L
・ドイツガス水道協会 0.5Bq/L
・ウクライナ(セシウム137)2Bq/L
・WHO(ヨウ素131)10Bq/L
・WHO(セシウム137)10Bq/L
・ベラルーシ 10Bq/L

・日本の基準値(乳児)100!Bq/L
・ヨウ素131 300!Bq/L
・セシウム137 200!Bq/L

なんと!!!この数値、原発の排水基準より何倍も高いの知ってます?!

国際法 原発の排水基準値
・ヨウ素131 40Bq/L
・セシウム137 90Bq/L

原発の排水を何倍も濃くして、飲んでいる!!!!

ふぅ。

これだけじゃないぞ。

次は食べ物。

・ベラルーシ(子供) 37Bq/L
・ベラルーシ(野菜) 100Bq/L
・ウクライナ(野菜/セシウム137) 40Bq/L
・コーデックス 100Bq/L
・アメリカ法令基準 170Bq/L
・これまでの日本の輸入規制値 370Bq/L

日本(野菜/セシウム137) 500Bq/L
日本(野菜/ヨウ素131) 2000Bq/L

これをどう思いますか?

情報を知っている人だけが、避ける事が出来る。

知らないお母さんは「体に良いからお野菜食べなさい!」と
子供を叱る…。

純粋な、疑う事を知らない人達が、
悲しい現実を迎える事になるこの日本…。

「もうすぐ終わるだろう」とか
「忘れればいいや」とか
思ったら大間違い。

今もダラダラと猛毒が流れ出て、空には絶え間なく放出されている。
その証拠に、6/29日にも東京で観測済み。

ダダ漏れジャパンの快進撃は続く!


More_2


アーカイブして「残す」ことについて

ここ1週間程前、「未来へのキオク」というグーグルでのサービスCMをテレビで見た。

その他主なポータルサイトでも似たサービスをしているようです。

2万5千人以上(4/30日現在/不明の方も含む)の方々が不幸を迎えてしまった
3月11日の震災。

東北地方に住まわれている方々一人一人が、
大切な大切な、人や景色の思い出を無くしてしまった…。

日本中・世界中の人の、心の中にあったあの風景、あの人達がこの世界から消えてしまった。

その人の想っていた事、家族への愛も、濁流と共に消えてしまった。


この事実に気がついた人達が、人の復興の為にも始めた事だと思う。
人を想う事は、人にしか出来ない。

あなたは、心を残していますか?
「残す事」は、恥ずかしい事でも何でも無い。
自分が居た世界に、ちゃんと決別する事。
残された人達、家族、友人知人などに、自分の生きた事をちゃんと説明する事が、
「残す事」で出来るんです。

それが無いから、
残された方々は悔やみ、苦しむ。
彷徨い、愛の欠片を探す。

そんな、愛する人達を見たくはないでしょう。

なら、残して下さい。
どんな形でもかまいません。

「残したけど、探してみつけられるかな?」
「手紙で書いたけど、もう10年も前の事」
等残す事には年月の心配や、手元に届くかという心配があったので
こんなシステムを2年前に稼働させました。

「のこりぶみ」

言葉を残し、安心させて下さい。

どうぞ、ご利用下さい。

Img_0440


«文化の抹殺者…。